なかなか決まらない!バイト探しに疲れたら、コンビニバイトから始めよう

ライター(管理者の説明)

ライター画像 学生時代に数多くのバイトをかけもちし、バイト生活の中で将来の目標を見つけ、今はカフェオーナーとして店舗運営をしています。

バイトの王道コンビニバイト

セブンイレブンはコンビニバイトの代名詞

数あるアルバイトの職種の中で最も一般的なのが「コンビニエンスストア」でのアルバイトではないでしょうか。食品から生活雑貨まであらゆるものがそろっているコンビニは、現代人にとってなくてはならないサービスといっても過言ではありません。安定した収入を確保できるうえに、社会のニーズに応える充実感があります。その中でも、コンビニエンスストアの元祖であるセブンイレブンは、アルバイト探しをしている方に非常におすすめできる職場です。大手流通グループのセブン&アイホールディングスが経営しているセブンイレブンの店舗数は、全国で1万7000件を超えています。まさに日本一のコンビニグループであり、初心者の方でも安心して求人に応募することができるでしょう。

コンビニバイトの仕事内容

セブンイレブンのアルバイトの業務内容は極めてオーソドックスです。レジ打ちや店舗内の清掃、商品の陳列、食料品の賞味期限チェックなど、一般的な接客サービスを担当します。ただし、コンビニはスーパーマーケットと違って様々なサービスを展開しているため、他にも覚えなければならないことがたくさんあります。公共料金の支払いや宅配物の受付、チケット販売などの処理手順も頭に叩き込んでおかなければなりません。最初は苦労するかもしれませんが、セブンイレブンでは仕事内容をまとめたDVDマニュアルが完備されていて業務を習得しやすい環境が整っています。研修期間も用意されていますし、何かあったときは先輩がフォローしてくれるのであまり心配する必要はありません。業界未経験者の方でもやる気さえあれば十分に何とかなる仕事です。また、24時間営業のセブンイレブンでは、自分の好きな時間帯に働くことができるというメリットもあります。学生さんや主婦の方でも生活リズムを崩すことなく働けるのは大きな魅力です。

コンビニのアルバイトに求められるもの

一般的な仕事と同様、セブンイレブンのアルバイトの求人に募集した際にも面接が実施されます。といっても、コンビニバイトの経験があるかとか、どの時間帯なら働けるかなどの簡単な質問をされるくらいで、そこまで厳しく職歴や所有資格をチェックされることはありません。しかし、コンビニバイトはれっきとした接客業なので、質問されたことにはきちんと礼儀正しく返答するように心がけた方が良いでしょう。身だしなみにも気をつけたほうがいいのは言うまでもありません。基本的にコンビニバイトの仕事はマニュアル化されているので高度な技能は必要ありません。けれども、ごくまれに万引きなどの犯罪事件が発生する場合があるので、どんな状況にも落ち着いて臨機応変に行動できる柔軟性を求められる可能性があります。

おすすめ記事