今の時代はネットで探せ!バイト探しのコツ

ライター(管理者の説明)

ライター画像 学生時代に数多くのバイトをかけもちし、バイト生活の中で将来の目標を見つけ、今はカフェオーナーとして店舗運営をしています。

バイト探しのコツ

バイト探しに事前調査は不可欠!

アルバイトを始めたいと思ったら、求人情報誌をチェックして手頃な案件を探さなければなりません。時給が高い、職場が近い等の好条件を見かけると、ついつい心を引かれてしまいますが、求人の情報だけを見て安易に働き先を決めるのは非常に危険です。どんな会社も、できるだけたくさんの人たちに応募してもらうために都合の悪いことを公開しようとしません。採用されたものの、いざ現場に行ってみたら自分のイメージしていた仕事と全然違う業務をやらされて後悔してしまうケースが少なくありません。その案件が本当に自分に合っているのかどうか、求人に応募する前に職場を入念に調査しておいた方が賢明です。

現地調査のコツ

アルバイト先の職場を調べる方法として最も確実なのが、実際に現地を視察することです。飲食業の場合は、客として入店して職場の雰囲気を漠然とチェックすることができます。セキュリティの関係で部外者がスタッフルームの中に入ることはできませんが、昼食時を狙って職場の周辺に張り込んでおけば、休憩に出てきた関係者の様子を遠巻きに観察することが可能です。どんな人たちが在籍しているのか、仲良く働けそうか、仕事はきつそうか、などの情報が分かれば、大まかな雰囲気を掴むことができるでしょう。もちろん、外見だけですべてが分かるわけではありませんが、判断材料としては十分に役立ちます。明らかに自分の性格と合わなそうな人たちの多い職場は避けた方が無難です。

インターネットを活用したバイト探し

パソコンやスマートフォンが広く普及している現代では、インターネットを利用したバイト探しが一般的になっています。バイト探しにネットを活用するメリットの一つが、豊富な情報量です。全国各地の膨大なアルバイト情報が網羅されていて、紙媒体よりも多くの求人をチェックすることができます。情報の鮮度も高く、電話連絡した際に「その求人募集はすでに締め切りました」と言われる事態を避けられる強みがあります。また、勤務地や職種、給与など、特定の条件を入力すれば自分の希望に合致する求人案件をすぐに検索することもできます。効率的なバイト探しに大変重宝します。
そして、もう一つの魅力が、口コミをチェックできる点にあります。実際にその職場で働いたことのある先輩たちの赤裸々な感想がレビュー欄や掲示板サイトなどに大量に書き込まれていて、職場選びの参考になります。あまりネット上の情報に踊らされるのは感心しませんが、一読の価値は十分にあります。しかも、ネット経由で求人に応募すると、採用が決まった際に祝い金が支給される場合もあります。経済的メリットも高く、非常にお勧めです。

おすすめ記事